著者
伊藤 壽啓 喜田 宏 伊藤 啓史 大槻 公一 堀本 泰介 河岡 義裕
出版者
鳥取大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
1999

1997-1998年にかけて香港において鶏由来高度病原性インフルエンザウイルスがヒトに伝播し、18名の市民が感染し、うち6名を死に至らしめた。このウイルスはいずれの株も鶏に対しては一様に全身感染を引き起こし、高い致死性を示したが、哺乳動物に対する病原性では明らかに2つのグループに区別された。すなわちグループ1は50%マウス致死量(MLD_<50>)が0.3から11PFUの間であり、もう一つのグループ2はMLD_<50>が10^3以上であった。この成績から鶏由来高度病原性インフルエンザウイルスの哺乳動物に対する病原性にはウイルス蛋白の一つであるヘマグルチニンの開裂性に加えて、さらに別の因子が関与しているものと推察された。一方、野生水禽由来の弱毒インフルエンザウイルスを鶏で継代することにより、弱毒株が強毒の家禽ペストウイルスに変異することが明らかとなった。この成績は自然界の水鳥が保有している弱毒のインフルエンザウイルスが鶏に伝播し、そこで受け継がれる間に病原性を獲得し得る潜在能力を保持していること、また鶏体内にはそのような強毒変異株を選択する環境要因が存在することを示している。また、この過程で得られた一連の病原性変異株はインフルエンザウイルスの宿主適応や病原性獲得機序のさらなる解明のための有用なツールとして今後の研究に利用できる。そしてそれはプラスミドから変異インフルエンザウイルスを作出可能なリバースジェネティクス法の併用によって、さらに確実な研究成果が期待されるであろう。現在はその実験系を用いた人工ウイルスの作出に成功しており、今後、最終段階である感染実験による病原性獲得因子の解析を計画している。

言及状況

Twitter (1 users, 8 posts, 0 favorites)

香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 伊藤 壽啓ITO, Toshihiro 研究期間:1999年度~2001年度 http://t.co/CMPWKCs5uL http://t.co/1s6yBQklaP
香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 Origin and Mutations of Hong Kong New H5 Influenza Viruses http://t.co/CMPWKCs5uL http://t.co/Os3BqIXrnD
香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 Origin and Mutations of Hong Kong New H5 Influenza Viruses http://t.co/CMPWKCJGCP http://t.co/wz5I3DJpP4
「香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異」(1999~2001年度) http://t.co/tllSFjtt28 「動物インフルエンザウイルスの生態学的研究:新型ウイルスの出現に備えて」(2000~2002年度) http://t.co/N3XJO5pO68
新型インフルエンザ 「香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異」1999年度~2001年度 http://t.co/SRnQCA70 「トリインフルエンザウイルスのヒトへの伝搬及び病原性獲得機構」2000年度~2002年度 http://t.co/BRpPRaYR
@tokino_kakera >香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 伊藤 壽啓 1999年度~2001年度 http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/11694210
@tokino_kakera >現在はその実験系を用いた人工ウイルスの作出に成功しており、今後、最終段階である感染実験による病原性獲得因子の解析を計画している http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/11694210
@tokino_kakera 【香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 伊藤 壽啓 1999年度~2001年度】 http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/11694210

収集済み URL リスト