著者
岡村 秀典 稲葉 穣 船山 徹 向井 佑介 菱田 哲郎 今井 晃樹 稲本 泰生 廣川 守
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2008

雲岡石窟の研究に関連して、480年前後に北魏王朝が造営した方山思遠寺址などの仏教寺院址とその出土遺物を調査し、北魏仏教寺院址の全体像を明らかにした。また、北魏孝文帝が481年に奉納した舎利文物が河北省定州市で発見され、そこから出土した金属器とガラス器について蛍光X線分析をふくむ考古学的・理化学的調査を実施した。その結果、仏教文化の東伝にともなって新しい青銅器やガラス器の制作技術が西から伝わったことを明らかにした

言及状況

教えて!goo (1 users, 1 posts)

> この合金は近年に制作されたものでしょうか。 ?? この分析データだけでは、判定は難しいのと違いますか。 > 博物館では古代にはアルミや亜鉛は使われていないとのことでしたが、 ?? 古代の意味が不明ですが、次のような一文もあります。 ということは、シリコンや亜鉛が検出されても、5世紀頃のモノではないとは言い切れないのと違いますか。 https://kaken.nii.ac.jp/ ...

収集済み URL リスト