著者
松田 素二 鳥越 皓之 和崎 春日 古川 彰 中村 律子 藤倉 達郎 伊地知 紀子 川田 牧人 田原 範子
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2009

現代人類学は、これまでの中立性と客観性を強調する立場から、対象への関与を承認する立場へと移行している。だが異文化のフィールドへの「関与」を正当化する論理は何なのだろうか。本研究は、生活人類学的視点を樹立してこの問いに答えようとする。そのために本研究は、日本・東アジア、東南アジア、南アジア、アフリカの 4 つの地域的クラスターと、自然・環境、社会・関係、文化・創造という三つの系を設定し、それぞれを専門とする研究者を配して「生活世界安定化のための便宜」を最優先とする視点による共同調査を実施した。

言及状況

Twitter (1 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究(中村 律子) http://t.co/hHooyNfEJY
こんな研究ありました:新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究(中村 律子) http://t.co/hHooyNfEJY
こんな研究ありました:新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究(中村 律子) http://t.co/hHooyNwHLY
こんな研究ありました:新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究(松田 素二) http://t.co/IKqypVIu
こんな研究ありました:新自由主義の時代における生活世界が生成する新たな共同性に関する生活人類学的研究(松田 素二) http://t.co/IKqypVIu

収集済み URL リスト