著者
春日 直樹 小泉 潤二 中川 敏 栗本 英世 田辺 明生 石井 美保 森田 敦郎 中川 理
出版者
一橋大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究は「社会的なもの」の構築過程をラディカルに再検討して、社会的なものと自然的なものとを同一水準で論じる方法を探求した。「社会」と「自然」が概念と実在としていかに一緒に構築されていくのかを問い、因襲的な二分法を超えるような諸関係と状況について、またそうした状況下でさまざまな存在がいかに生成するかについて、明らかにした。本研究は最終的に、人類学・科学技術研究・科学史・哲学が融合する次元を提供し、それによってあらたな実在の可能性と生成に寄与することを目指した。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

KAKEN - 「社会的なもの」の再構築:多様性と可能性の人類学的研究(21320164) - 2010年度研究実績報告書... http://t.co/yHsxqUzcf2
KAKEN - 「社会的なもの」の再構築:多様性と可能性の人類学的研究(21320164) - 2010年度研究実績報告書... http://t.co/yHsxqUzcf2

収集済み URL リスト