著者
山田 桂子
出版者
茨城大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2009

本研究では、世界初のテルグ語-日本語辞典を作成した。見出し語は約6000語である。テルグ語は話者人口においてインドで3番目に多く、ドラヴィダ系諸語ではもっとも多い。フィールドワークはインドと他の東南アジア等、テルグ移民居住地域でも行い、その成果は見出し語の選定、語法の特定、例文の作成等に反映されている。この辞書は、報告者が2010年に出版した文法書(『基礎テルグ語』大学書林2010年刊)と併用することで、日本人がテルグ語を独習することを可能にするものである。

言及状況

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

@LoveRajamouli https://t.co/TJMyymZFtC
テルグ語⇔日本語辞書ってあるのかな 検索したら山田桂子氏が辞書作ったよーて研究報告は出てきたんだけど肝心な本がどれかわからん 基礎テルグ語しかヒットしない…
@n_kane https://t.co/czsCnpVzbW

収集済み URL リスト