著者
猪上 華子 加藤 輝之 中井 専人 津口 裕茂 猪上 華子 加藤 輝之 廣川 康隆
出版者
気象庁気象研究所
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2009

日本付近の豪雨発生の大気状態を判断すべき高度として、客観解析データや雲解像数値モデルの統計結果から今まで用いられてきた850hPa気圧面(~1500m高度)でなく、500m高度が最適であり、適切な判断要素として同高度の相当温位・水蒸気フラックス量であることを明らかにした。各要素に対しては季節や地域別に客観的に指数化した。豪雪時のレーダー観測との統計的比較から、降雪系によって異なる大気状態が現れやすく、そのことと降雪分布との関係が示唆された。

言及状況

Twitter (1 users, 11 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBSgyD
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTB1tar
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTBjCoz
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/IHZgYXWSGb
こんな研究ありました:豪雨・豪雪をもたらす大気状態の統計的研究(中井 専人) http://t.co/SKLwTB1tar

収集済み URL リスト