著者
武藤 浩二 長島 雅裕 原田 純治 安部 俊二 古谷 吉男 上薗 恒太郎 小西 祐馬
出版者
長崎大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2010

本研究では、疑似科学が用いられた学校教育の実態等を調査するとともに、最近の大規模調査データを用いた血液型と性格に関する解析を行った。その結果、疑似科学言説を用いた授業の多くが「水からの伝言」とその派生物であること、ほぼ全国で行われており高校理科で肯定的に扱われている事例もあることを明らかにした。また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ることが判明した。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (2 users, 2 posts)

どらちも正しいとは言えない、となるのではないでしょうか。 データに一貫性がない、という風に言われているとおり、 却下されるだけの下地しかなかったという事でしょう。 お蔵入り効果を主張していますが、このような主張をするのであれば当然「お蔵入りになって発表されなかったデータ」を提示する必要があります。 ただし、既に「お蔵入り効果」はメタ分析の発達により「望まない結果に終わっ ...
JNNデータを用いたその話は「血液型診断によって差異は明確化されてきたが、『違いの差はごく微笑で、日常で使えるものではないことが確認できた』」というものなのです。 都合よく「有意な差が見られた」部分だけを取り出すのは良く無い解釈でしょう。 そもそも、その論文は「疑似科学の実証的批判的研究」について扱ったものです。 https://kaken.nii.ac.jp/file/ ...

Twitter (79 users, 150 posts, 64 favorites)

@hokkaidocenter 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに… https://t.co/AzBFM3MKez
参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定… https://t.co/LI0seprFSf
くすくす https://t.co/54KA9Us6zu
@girlmeetsNG 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxETTGO に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21… https://t.co/LphhgkgExw
長島氏の2012年度科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym 血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたととも.. https://t.co/l7Jybf9BzU 「「A型の日本人… https://t.co/FmfGYEye8C
@yuukamiya68 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuymに「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世… https://t.co/aubNy7UfZx
参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去.. https://t.co/vKka6xWxUG 「「A型の日本人… https://t.co/0qbKIW3L60
@chikumashobo 参考までに、(当時)長崎大の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/AOZ8DBuMz6 に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、2… https://t.co/NG1w0ffUaK
@Isseki3 参考までに、(当時)長崎大の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降の… https://t.co/uB1Ouo7qm5
Cosy Muto, Masahiro Nagashima et al., We also demonstrate that significant difference on personal characteristics b… https://t.co/T1zwHqYwgp
@debut_printemps 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以… https://t.co/KL9jkNW1ku
@kamo_hiroyasu 参考までに、(当時)長崎大の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、2… https://t.co/DccUTcxYUj
「血液型性格診断」ですが、長島雅裕氏らの2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定し… https://t.co/xnPzYJFShR
@49sick89hack 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータ… https://t.co/Ps0YABhCyi
@lets_skeptic (続)長島雅裕氏の2011年度科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは… https://t.co/jB7hxk2Xic
@lets_skeptic 参考までに、長崎大学の長島雅裕氏の2012年年度科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21… https://t.co/PqzpxuTTDQ
@x__ok 参考までに、長崎大学の長島雅裕氏の2012年年度科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデー… https://t.co/R2A370h0OC
@_____riria 参考までに、当時長崎大学の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以… https://t.co/7vJUu5qDih
@_nagashimam 長島先生の2012年度科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym …血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液… https://t.co/TXxW2ABFo2
@account_kkojima 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたととも… https://t.co/Y7hfV9ma4S
参考までに、ご本人の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型… https://t.co/aFObYR2e4O
@adachi_city 参考までに、ご本人の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym … に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以… https://t.co/C9H2YYdpvo
@nardtree 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以… https://t.co/JAlIgihVmJ
血液型と性格は関係あるという人が論拠に挙げた2012年の研究。 https://t.co/Yc8xqkquUt たしかに有意な結果が出たらしい。でも、結論は「今回の研究により、少なくとも 差が有意に現れるほどには血液型性格 判断を… https://t.co/ednDziKMHi
こちらのページを見ますと、有意な差が出ることの説明として「血液型性格判断の蔓延が性格の自己認知に影響を与えていることがわかった」とあるので、ある人間の性格を血液型診断が言い当てているわけではない、と結論づけられているようです。… https://t.co/4wEQLQ0LSC
@evahpfbgk 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀… https://t.co/YWJyN5FKS3
@numagasa 参考までに、長崎大学(当時)の長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以… https://t.co/MMSadLebnM
@bozu_108 @ABOFAN 文教大教授 長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/AOZ8DBuMz6 … に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀… https://t.co/MIMzS6THJ9
@furifurido 参考までに、文教大教授 長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/AOZ8DBuMz6 に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降… https://t.co/6w2Ox19mNZ
@sokohaka_fuzy 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデ… https://t.co/GuQBWMsG55
@chounamoul 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは… https://t.co/VBLElYj5RS
参考までに、文教大教授 長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血… https://t.co/sUAsaRWWAW
@kikumaco @11 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータ… https://t.co/a23YIc7sGz
参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性… https://t.co/OBoMdTNdxr
@yosinotennin 長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定し… https://t.co/CRaDfcjg0C
@gojigami0710 @_rankn_ 参考までに、長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、2… https://t.co/Ud3GPtuu5j
@Yossy_K 長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym … に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液… https://t.co/RPbWy5ti0K
@Yossy_K 性格には一貫性がない←長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym … に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデ… https://t.co/vpnmXIPJAj
@Yossy_K 繰り返すと、長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降… https://t.co/aSrpd8fun7
@Yossy_K なぜそれが妥当だと言えるのか←長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降… https://t.co/Edc38ECcmm
長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxETTGO には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液… https://t.co/72wkXd8RGq
@37310ym 長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータ… https://t.co/FzKjuoSrWG
@toukatsujin 長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降… https://t.co/3dwJqKL0dW
長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液… https://t.co/dzvYM7Cs7t
長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液… https://t.co/r21PMQLcRU
@tsuchi525 長島雅裕氏(長崎大→文教大)の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデ… https://t.co/KnOC28P6lV
@JPN_LISA 血液型性格診断と同じく偏見に基づくニセ科学→2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym に「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀… https://t.co/UOMAE0NsSa
血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定… https://t.co/28sEcmBQYC
@KUZ_3STT3P @s_mizutani1003 血液型性格診断と同じで嘘→長島雅裕氏の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張… https://t.co/RzR1bP2awu
長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/AOZ8DBuMz6 には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自… https://t.co/vhKVu42wNz
@oshio_at 長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血… https://t.co/E5MR08KQJm
@fujitv_honma 2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型… https://t.co/gyXvLUtPwE
@samakikaku @howtodominate たとえば、長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができた… https://t.co/lfCz8Lc3Vt
@kikumaco 長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して… https://t.co/sqNXQ0g0tC
@_nagashimam 長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安… https://t.co/7EDYZPs9I8
長島雅裕先生の2012年の科研費成果報告書 https://t.co/IE7nxFbuym には、「血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自… https://t.co/3yLBVzcOLd
長島雅裕先生らの2012年の科研費成果報告書も、大変参考になると思います。https://t.co/IE7nxFbuym 縄田健悟先生の論文とは正反対に、「21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な… https://t.co/gxsaZzYZoX
@kuwamitsuosamu 研究概要には、血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果[血液型により有意な差がある]を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が… https://t.co/OASQA5uRpn
研究概要には、血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果[血液型により有意な差がある]を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ることが判明した、とあります。… https://t.co/9pwm0iOliD
@oshio_at 研費の報告書(推定20万人/30年)もあります。 https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定し… https://t.co/O4pcLdTxx6
科研費の報告書(推定20万人/30年)もあります。 https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格… https://t.co/iSNweq22kl
@15yukit 少なくとも、統計的な相関は数十万人のデータで確認されています。例えば長島先生 https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世… https://t.co/T3To2RZdms
研究資料を故意に誤った読み方をして社会への悪影響をさらに強固にする模範例。 https://t.co/T0xOvjPPLT をちゃんと読めばこんなことは言へない。血液型性格診断の支持者は論理的に物を読めないのか。 https://t.co/ec4191lQWl
@ArisatoCovtha 少なくとも、統計的な相関は数十万人のデータで確認されています。例えば https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、2… https://t.co/mvQAlkfwzI
@konamih 少なくとも、統計的な相関は数十万人のデータで確認されています。例えば https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降の… https://t.co/Q07Cr2UFul
下記研究をもとに「血液型と性格には有意な関連がある」とのTWが流れてまりましたが、「性格の自己申告」である時点で、すでに被験者は血液型性格決定論による知的バイアスがかかっている、ということではないのでしょうか。 https://t.co/X5aoOKNl63
(続き)例えば https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について有意な差が出ること… https://t.co/8e68S3XDj2
百歩譲って“人種差別的要素がある”としても、血液型と性格との統計的な相関は、既に数十万人のオーダーで確認されているのですが… https://t.co/IE7nxFbuym https://t.co/mv5CLtghwm
少なくとも、統計的な相関は数十万人のデータで確認されています。例えば https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定し… https://t.co/zWgzO83C5v
既に出ています。例えばこれです。 https://t.co/IE7nxFbuym また血液型と性格に関する解析では、過去の研究結果を拡張することができたとともに、21世紀以降のデータでは、安定して血液型ごとに性格の自己申告について… https://t.co/ECgmULdMM4
科研費について調べていたら、こんなん見つけた。文科省にケンカ売ってて実にいい。 https://t.co/yyyWEPQnWH
どうpostfixを設定してるのでよ…https://t.co/MIpPuHm9Og… (bot)
(続き)武藤・長島氏らの科研費成果報告書 https://t.co/6t5jemPhyn によると、1.血液型による差が有意に現れているのですから、以前主流だった「差がない」という研究は全て間違いということになりますが、本当にいい… https://t.co/PIu8FnLVl6
@akomaki 随分と誤解されている方が多いようです。武藤・長島氏らの科研費成果報告書 https://t.co/6t5jemPhyn によると、1.血液型による差が有意に現れているのですから、以前主流だった「差がない」という研… https://t.co/8NZOaIslEs
@ABOFAN 研究成果報告書にも「疑似科学が社会に確実に悪影響を与えていることの一つの証明」との分析が記載されています。 https://t.co/pLymfekRZe …
@akomaki @masuda456u 河野外相の場合は、本人が公開を認めているはずで、特に問題はないと思います。また、しつこくて恐縮ですが、日本の心理学者だけではなく海外(欧米含む)でも血液型に肯定的な論文は多数あります。一例… https://t.co/qJKeIyjljo
@kantele 医学的な根拠は、例えば藤田紘一郎先生の「血液型の科学」がありますが? https://t.co/rdCmDpJvDI 統計的にも、30年・20万人ほどのデータで確認されていますが? 武藤浩二・長島雅裕ほか 201… https://t.co/lerG2QdzKi

Wikipedia (6 pages, 15 posts, 11 contributors)

編集者: Takecz2
2019-02-04 18:44:51 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 240F:65:A335:1:78D4:1088:6B9A:DD0
2018-10-22 21:11:51 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Philosin
2018-10-30 22:30:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 58.188.232.252
2018-09-27 22:39:04 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Los688
2018-09-09 00:07:44 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Kyube
2019-02-18 15:28:04 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Anosola
2019-04-03 14:24:11 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Anosola
2017-03-17 13:37:41 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Umibe
2018-04-06 15:43:53 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Umibe
2017-10-08 21:04:50 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Umibe
2018-10-02 16:39:20 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト