著者
鈴木 達也 柴原 浩章
出版者
自治医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011 (Released:2011-08-05)

抗透明帯抗体が不妊症の原因となるとの報告がある。本研究では抗透明帯抗体を保有する不妊女性の不妊機序を明らかにすることを目的とした。その結果、体外受精予定患者70名中4名(6%)を抗透明帯抗体陽性と判定した。さらに抗透明帯抗体陽性血清を用いてウエスタンブロッティングを行い、3種類の透明帯糖タンパクのうち、1種類(ZPB)にのみ反応を示した。抗透明帯抗体陽性4例の受精率は78±12%、陰性66例の受精率は87±21%であり、有意差を認めなかった。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

免疫性不妊女性における抗透明帯抗体のクラス分類と不妊治療への応用 (KAKENHI-PROJECT-23592411) https://t.co/ZwKDjdFUmX

収集済み URL リスト