著者
長田 洋和
出版者
専修大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2011

Callous Unemotional Traits(CU特性)は,素行障害との関連が報告されている.CU特性のスクリーニングは,わが国での非行の予防の一助となり得ると考えられる.全国の4088人の小中学生から日本版CU特性尺度(JICU)への回答を得た.JICUは十分な有用性が示され,80パーセンタイル得点をカットオフとしたところ,795人がCU特性を有する可能性が示された.わが国の小中学生と欧米の児童青年期でのCU特性には文化差がなく,今後わが国でも,CU特性を有する子どもに,すでに欧米で開発されているEBPを適用することで,生きづらさ,非行や反社会的行動を予防できる可能性が示唆された.

言及状況

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

@komogoma ああ、あとこの科研「一般人口および発達障害児における日本版CU特性スクリーニング尺度の開発」 https://t.co/MN5q3CZlVy がありますね。報告書がダウンロード出来ます。

収集済み URL リスト