著者
川野 哲也
出版者
九州大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2013-04-01

数値モデルを用いて梅雨前線帯低気圧(BFD)の構造と発達過程を調査した。梅雨前線帯の特徴が東西で異なることに着目し,水蒸気が豊富な西部で発達する低気圧をW-BFD,傾圧性が相対的に大きな東部で発達する低気圧をE-BFDという2つのカテゴリーに分け,それぞれの発達過程を調査した。まず,各カテゴリーの典型事例の再現数値実験を行った。有効位置エネルギーの収支解析と潜熱加熱を除いた感度実験の結果は,BFD発達における潜熱加熱の重要性を明らかにした。特にW-BFD発達において潜熱加熱は決定的な役割を果たしていた。さらに,東西一様な環境場を用いた理想化数値実験によってこれらの発達過程の特徴が確認された。

言及状況

Twitter (1 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:大雨をもたらす梅雨前線帯低気圧の発達過程の普遍的モデルの構築(川野 哲也) http://t.co/oWyLdY7xiL
こんな研究ありました:大雨をもたらす梅雨前線帯低気圧の発達過程の普遍的モデルの構築(川野 哲也) http://t.co/3rdxwbSoVF
こんな研究ありました:大雨をもたらす梅雨前線帯低気圧の発達過程の普遍的モデルの構築(川野 哲也) http://t.co/3rdxwbSoVF
こんな研究ありました:大雨をもたらす梅雨前線帯低気圧の発達過程の普遍的モデルの構築(川野 哲也) http://t.co/3rdxwbSoVF
こんな研究ありました:大雨をもたらす梅雨前線帯低気圧の発達過程の普遍的モデルの構築(川野 哲也) http://t.co/3rdxwbSoVF

収集済み URL リスト