著者
原田 優美 馬渡 一諭 下畑 隆明 中橋 睦美
出版者
徳島大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2014-04-01

本研究では近年明らかとなった、酸化傷害によるカンピロバクターの病原性(運動性、侵入性)抑制機構を参考に、UVA照射による酸化傷害も、菌の病原性を抑制し、食肉への拡散・侵入防止に役立つと考えその有用性について検討した。(1)カンピロバクターはUVA紫外線に強い感受性を示し、強い殺菌効果を示すことが明らかとなった。(2) またUVA紫外線照射により酸化傷害が引き起こされており、さらに(3)菌の宿主細胞への侵入性が低下することも明らかとなった。以上の結果からUVA紫外線照射は、その殺菌効果に留まらず、酸化傷害を介した病原性低下も引き起こすため、食中毒予防の新しいシステムとして有効性が示された。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 7 favorites)

鳥刺しとかの食中毒原因菌であるカンピロバクターへの対策方法について調べてたら、面白い文献見つけた! みんな読もう?(*˘︶˘*).。.:*♡ https://t.co/14lnl7o7HS

収集済み URL リスト