著者
矢口 博之 佐藤 潜一 植田 憲二 森下 洋平
出版者
一般社団法人 日本デザイン学会
雑誌
デザイン学研究作品集 (ISSN:13418475)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.1_92-1_97, 2020-03-31 (Released:2020-03-27)
参考文献数
12

日本人の食に対する安全や健康についての意識が高まりつつある中で食品表示法が施行された。食品表示法によれば、食品パッケージに食物アレルギーの原因物質である特定原材料を表示することが義務づけられている。特定原材料を含む加工食品のなかには、ピクトグラムを用いて使用状況を表示している製品もあるが、表示方法やピクトグラムのデザインが違っていたり、原材料を想起しにくいピクトグラムがあったりなど、消費者にとって分かりにくい状況がある。そこで我々は、ユーザーテストによる評価に基づいて、食物アレルギー原因物質を表示するためのユニバーサルデザインに対応した食品ピクトグラムの研究・開発を行ったのでこれを報告する。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

“ユニバーサルデザインに対応した食品ピクトグラムの開発” https://t.co/fkDvgqoCiZ
“ユニバーサルデザインに対応した食品ピクトグラムの開発” https://t.co/udZcCGCKbq

収集済み URL リスト