著者
苅谷 康太
出版者
日本アフリカ学会
雑誌
アフリカ研究 (ISSN:00654140)
巻号頁・発行日
vol.2016, no.89, pp.1-13, 2016-05-31 (Released:2017-05-31)
参考文献数
37

19世紀初頭,現在のナイジェリア北部一帯に相当するハウサランドにおいて大規模な軍事ジハードが開始された。このジハードは,数年のうちに次々と同地のハウサ諸王権を圧倒し,一般にソコト・カリフ国と呼ばれる,イスラームを統治の基盤に据えた国家の建設を実現した。ジハードと国家建設の中心にいたイスラーム知識人ウスマーン・ブン・フーディー(1817年歿)は,複数の著作の中で,ハウサランドもしくはスーダーンに住む人々を信仰の様態に基づいて分類し,更に,その分類において不信仰者と見做した人々の捕虜・奴隷化に関する規定を論じている。本稿では,国家の基盤建設期にあたる1808年以降のウスマーンが,ウラマーの多くが認めていない法学的見解に依拠することを容認する「寛容の思想」を導入し,上述の信仰の様態に基づく人間の分類を操作することによって,捕虜・奴隷化し得る不信仰者の範疇を如何に拡大したのかを明らかにし,更に,その背景に如何なる理由が存在したのかを考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 3 favorites)

苅谷康太(2016)「19世紀初頭の西アフリカにおける不信仰者の分類と奴隷化:ウスマーン・ブン・ワーディーの著作の分析から」『アフリカ研究』89:1-13. https://t.co/7M8QUpytSZ 軍事ジハードにより成立したソコト・カリフ国で財政基盤となった奴隷交易のため不信仰者の解釈拡大が行われたことを論証

収集済み URL リスト