著者
周 俊
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
アジア経済 (ISSN:00022942)
巻号頁・発行日
vol.63, no.4, pp.2-32, 2022-12-15 (Released:2022-12-26)
参考文献数
143

広義には調査研究に位置づけられる中央指導者による地方視察は,中国政治を理解する重要なポイントである。本稿は歴史学的アプローチとGISによる可視化の手法を用いて,これまで光が当てられてこなかった毛沢東などの中央指導者による視察の行動様式,諸機能の実態,及び政策過程における視察の意義を考察する。指導者の視察は国内外向けの宣伝材料に転じて宣伝機能を発揮した場合があるものの,その基本的な機能は情報収集であると思われる。しかし,それは往々にして空間的な「壁」と官僚制の「壁」によって阻まれ,「特殊な者」としての毛沢東でさえも例外ではなかった。1955年農業集団化の問題の考察を通じて,視察は末端の実態を客観的に認知する方法というよりも,むしろ,毛沢東が自らの正当性を裏づけるための道具であることが明らかになった。つまり,毛沢東が視察を利用して自らの主張に見合う証拠を探し,政策決定の主導権を握ろうとする構図が看取できる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

本稿は歴史学的アプローチとGISによる可視化の手法を用いて,これまで光が当てられてこなかった毛沢東などの中央指導者による視察の行動様式,諸機能の実態,及び政策過程における視察の意義を考察する。”

Twitter (5 users, 7 posts, 4 favorites)

本稿は歴史学的アプローチとGISによる可視化の手法を用いて,これまで光が当てられてこなかった毛沢東などの中央指導者による視察の行動様式,諸機能の実態,及び政策過程における視察の意義を考察する。” / “現代中国における中央指導者の地方視察とその政治的意義(1949-…” https://t.co/gXdWEXfEKI
J-STAGE Articles - 現代中国における中央指導者の地方視察とその政治的意義(1949-1955)――GISによる可視化の手法を用いて―― https://t.co/t7yTUvT9df
【論文紹介】 周俊「現代中国における中央指導者の地方視察とその政治的意義(1949‐1955)」『#アジア経済』63巻第4号。 毛沢東は地方視察をいかに政治的に利用したのか。#GIS によって明らかにされた共産党幹部の足取りから、その実態と政治力学を描きます。 ▼無料電子版 https://t.co/Llb6ZzeBv6
現代中国における中央指導者の地方視察とその政治的意義1949-1955(アジア経済研究所)歴史学的アプローチとGISによる可視化の手法を用い,これまで光が当てられてこなかった毛沢東などの中央指導者による視察の行動様式,諸機能の実態,及び政策過程における視察の意義を考察https://t.co/QBesN2b7Pw

収集済み URL リスト