言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (62 users, 75 posts, 130 favorites)

@koubaitori_2 @OYE7qPvtC4RlzgN @Roanne_banana 情報法研究室 https://t.co/2srS7Bxdql
自己情報コントロール権をめぐって https://t.co/WHapHVkZEQ
法務省によると全国のマイナンバー違憲訴訟は「憲法13条で保障されたプライバシー権(自己情報コントロール権)が侵害されると主張」とありますね https://t.co/Cq4zMCTvcq 自己情報コントロール権の問題点は以下が参考になる (PDF)https://t.co/dn8nW14Ul2 要は政治党派と無関係に司法や学術で否定
日本の自己情報コントロール権説はこうした混乱を増長する。修正自己情報コントロール権論者はその意味ではない旨弁明するが、ではどのような意味で言っているのかについて、基準がなく、上記のように整理する論拠として機能しない。このことは以下の対談が教えてくれる。 https://t.co/NySarm3KnN
このテーマの第一人者の一人であられる曽我部教授をして『結論的に言えば、私は、...最近この問題について注目すべき博士論文(未公表)を執筆した音無知展さん(京都大学准教授)の...「自己情報の適正な取り扱いを求める権利」という捉え方に転換すべき』と言わしめた。p131 https://t.co/ozjbWsTibi
メモ  https://t.co/RtMd0hGVlC
やたらSFCの齊藤邦史先生が持ち上げられている印象を持ちました(小並感/J-STAGE Articles - 自己情報コントロール権をめぐって(曽我部 真裕, 山本 龍彦)https://t.co/YJ8bOGsMPj
曽我部先生と山本先生の誌上対談。勉強しなきゃ→ 自己情報コントロール権をめぐって https://t.co/qQs15yUzV0
曽我部・山本先生「誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって」情報法制研究7巻(2020年)は、山本先生の事故時用情報コントロール権(情報自己決定権)、曽我部先生の「個人情報の保護を求める権利」、斉藤先生の「信任義務」の相違点がよく分かり面白く、お薦めの論稿。 https://t.co/ANHh3Th2JX
誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって 曽我部真裕、山本龍彦(情報法制研究 第7号 2020-05) https://t.co/NrSyqNRzGq 山本「AI 技術の発展やプラットフォームの台頭が著しいこの時代だからこそ,自己情報コントロール権を基本権として捉えることがより一層重要になってくると考えています。」
曽我部真裕・山本龍彦「誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって」情報法制研究7巻(2020年)のアクセス制限が解除され、一般公開となりました。https://t.co/XKgRNWdMmn また、8巻について、会員限定で公開となっています。
曽我部 真裕, 山本 龍彦「誌上対談 自己情報コントロール権をめぐって」情報法制研究7号の本文が、J-Stageに登録されました。同号のほかの論考も含め、情報法制学会会員の方はご覧頂けます。会員外の方は次号刊行後に開放されます。https://t.co/XKgRNWdMmn

収集済み URL リスト