著者
柴田 友厚 馬場 靖憲 鈴木 潤
出版者
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター
雑誌
赤門マネジメント・レビュー (ISSN:13485504)
巻号頁・発行日
(Released:2017-09-04)
参考文献数
28

企業が持続的に成長するには、現在の事業領域と技術領域を超えた新たな領域での探索が有効な方策のひとつである。先行研究は、近傍領域の探索に傾斜しがちな企業の特性を指摘すると同時に、探索活動を類型化した上でそれぞれの効果を明らかにしてきた。本稿は、先行研究が注意を払ってこなかった探索をすすめるプロセスに着目し、その解明に貢献することを目的とする。まず、探索の階層性という新たな概念を提示したうえで、富士フイルムとコダックの探索戦略の違いを明らかにする。そして両社の盛衰が分かれた理由を、探索の階層性に立脚して探索プロセスの違いから考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

(企業の将来事業)探索戦略の迷走 ―富士フイルムとコダックの分岐点― https://t.co/08ugDXrrqU
『赤門マネジメント・レビュー』新規早期公開論文をJ-STAGEにて公開しました! 探索戦略の迷走:富士フイルムとコダックの分岐点, 柴田友厚, 馬場靖憲, 鈴木潤 https://t.co/O4J63nga54

収集済み URL リスト