著者
三鴨 廣繁 玉舎 輝彦 田中 香お里 渡邉 邦友
出版者
公益財団法人 日本感染症医薬品協会
雑誌
The Japanese Journal of Antibiotics (ISSN:03682781)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.35-40, 2006-02-25 (Released:2013-05-17)
参考文献数
6
被引用文献数
2

近年では,性行動の多様化により,クラミジア・トラコマティスの咽頭感染を認める症例が増加していると言われている。しかし,クラミジア・トラコマティスは,咽頭に感染しても無症状のことも多く,感染が拡大する要因のひとつになっていると考えられる。今回,一般女性およびcommercial sex workers (CSWs) の性行動の実態およびクラミジア感染症 (子宮頸管および咽頭) の現状について調査した。その結果,一般女性においてもオーラルセックスは,性行為において,ごく普通の行為として定着していることが明らかになった。子宮頸管にクラミジア感染が認められた女性は,CSWsでは33.3%,一般女性では7.9%であり,咽頭にクラミジア感染が認められた女性は,CSWsでは22.5%,一般女性では5.2%であった。また,これらに対して,クラリスロマイシン,レボフロキサシン,アジスロマイシンによる治療成績を検討したところ,子宮頸管感染ではクラリスロマイシン400mgの7, 10, 14日間投与,レボフロキサシン300mgの7, 10, 14日間投与,アジスロマイシン1000mg単回投与のいずれにおいても除菌率は100%であった。しかし,咽頭感染では,クラリスロマイシン,レボフロキシンの10, 14日投与では,除菌率は100%であったが, 7日間投与では,それぞれ, 83.9%, 86.2%であり,またアジスロマイシンの単回投与では85.0%であった。これらの成績より,クラミジア咽頭感染ではクラリスロマイシンや,レボフロキサシンなどのフルオロキノロン系抗菌薬を10日間以上投与する必要があると考えられた。クラミジア咽頭感染の臨床的意義については議論の多いところであるが,今後は,耳鼻咽喉科および内科の医師とも協力しながら,培養法等などを用いた詳細な検討が必要であると考える。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

治せる可能性はありますが 100%とは言えません。 この論文を参考すると良いと思われますが クラミジアに有効である治療薬を3つ使用して 治療成績を比較したものがあります。 留意したい点としては 性器クラミジアの治療は 標準で1週間の投薬です。 またアジスロマイシは1回の投与で 1週間効果が持続する特殊な薬物動態なので 単回投与での比較になり ...

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

クラミジア、感染力半端ない上に無症状の人が多くてオーラルセックスで感染する可能性もあるから、正直2人以上とセックスしたことがある人なら誰でも感染し得る細菌だし、これからもっと検査行く頻度増やそうって思った…このペーパーおもしろいし勉強になった… https://t.co/58aVh43P8y
https://t.co/YXb6aTwg3O こーゆーの見ると一般人の性病対策の意識の低さは結構ビビる 喉ですらコレやもんな

収集済み URL リスト