著者
Toshio Katsuki
出版者
The Japanese Society for Plant Systematics
雑誌
Acta Phytotaxonomica et Geobotanica (ISSN:13467565)
巻号頁・発行日
vol.69, no.2, pp.119-126, 2018 (Released:2018-06-30)

A new species, Cerasus kumanoensis T. Katsuki (Rosaceae), sp. nov., is described from the southern Kii Peninsula, Japan. It is similar to C. jamasakura var. jamasakura and C. leveilleana because the corymbose inflorescences and extended peduncle are identical in these three taxa. However, C. kumanoensis is distinguished by several morphological and phenological characteristics, an earlier flowering period, narrowly ovate and smaller leaf blade (4–8 cm long, 1.8–3.6 cm wide) and glabrous petiole and pedicel.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (39 users, 39 posts, 84 favorites)

@sugigoke いずれにしても,もう一度まじめに検討してみます.クマノザクラも長年地元では早咲きのものがあるという認識はあったものの,種として確認されていませんでしたので.https://t.co/jK8c9fBsWK
記載論文はこちら。紀伊半島南部に分布する新種のサクラの学名は Cerasus kumanoensis(ケラスス・クマノエンシス)。 https://t.co/YgJKCy6FrH
勝木さんからクマノザクラの新種記載論文いただきました。 大阪市立自然史博物館の標本もparatype として引用されています #OSA業績 A New Species, <i>Cerasus kumanoensis </i>fro… https://t.co/tbp5clPzUj

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト