著者
藤井 俊勝
出版者
日本失語症学会 (現 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会)
雑誌
失語症研究 (ISSN:02859513)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.155-163, 1997 (Released:2006-05-12)
参考文献数
21
被引用文献数
1 1

今回著者は両側前頭葉梗塞後に,視野障害・運動麻痺・失調・視覚運動失調・感覚障害がなく,数字順唱・Tapping spanが保たれているにもかかわらず,電話がかけられなくなった症例を経験し,その症状を詳細に検討した。本症例の症状の本質は,ある程度の負荷の存在下における異なるモードへの情報変換過程の障害であると考えられた。この症状の説明にBaddeleyらによるWorking memoryモデルを適用した。すなわち,ある程度正常に機能している2つの補助システム (phonological loop/visuospatial sketchpad) と,障害された中央処理装置 (central executive) という考えで本症例の症状は説明可能であった。Central executiveの機能の1つとして,負荷存在下における異なるモードへの情報変換が想定され,また解剖学的には前頭前野の関連が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 34 favorites)

ワーキングメモリーの中央実行系の障害といってもピンときづらかったけど、日常生活場面でこういう困り事が起こり得るのかーとちょっとイメージしやすいかも。数唱、Tapping Spanが正常範囲内なのに電話がかけられない症例。 https://t.co/ihaMK4077s

収集済み URL リスト