著者
藤岡 豊 福村 郁夫
出版者
日本水産増殖学会
雑誌
水産増殖 (ISSN:03714217)
巻号頁・発行日
vol.32, no.2, pp.69-72, 1984-09-25 (Released:2010-03-09)
参考文献数
7

1. 安息香酸エストラジオールの経口投与により, アユの雌性化について次の結果を得た.2. 各試験区において雌雄同体の個体が出現した.3. 安息香酸エストラジオール濃度0.2μg/gから雌性化傾向が見られ, 1.3μg/gと2.7/μg/gにおいては92~93%の雌性化が見られた.4. 生存率は安息香酸エストラジオールの濃度が高くなるにつれて, 低下する傾向を示した.5. 雌性化については安息香酸エストラジオール濃度1.3μg/gが, 最も良い結果を示した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@Yu_kamisaki @The_chairtomato https://t.co/V5aVlAxZSD とりあえずこれ貼って置こう。 まぁ1gなんて入れたら普通に死にますが。
女の子の匂いを嗅がせまくったら女の子になってしまうんやな・・・・ https://t.co/h5iVibgqsp

収集済み URL リスト