著者
山本 奈生
出版者
カルチュラル・スタディーズ学会
雑誌
年報カルチュラル・スタディーズ (ISSN:21879222)
巻号頁・発行日
vol.6, pp.59-79, 2018 (Released:2019-10-09)
参考文献数
20

本稿は現代日本における大麻自由化運動を、特に90 年代以後の展開に注目しながら整理 するものである。大麻合法化が進む欧米諸国において、大麻問題は政治的なリベラル/保 守の係争として位置づけられ、同性婚や銃規制問題と同様にしばしば争点化されている。 ここでは大麻自由化運動が、広範なリベラル派支持層の賛同を得つつ法規制の変化に現実 的な影響を与えてきたが、日本での状況は大きく異なっている。 日本における大麻自由化運動は、60 年代のビートニク/ヒッピーに端を発し、90 年代か ら現在まで複数のフレーミングを形成しながらネットワーク化されてきたものである。こ こでの運動は一つの団体に還元できるものではなく、多様な問題関心と志向性を持つ諸個 人らが織りなす群像であるが、この潮流は社会学界においても十分には知られていない。 そのため本稿では一つの出来事や団体に対して集中した解釈を行うのではなく、まずはグ ループおよび諸個人が形成してきたムーヴメントの布置連関を把握しようと試みた。 現在の大麻自由化運動は「嗜好用を含めた全般自由化」「医療目的での合法化」「産業利 用の自由化」など複数の目標を掲げながら、同時に言説枠組みの展開においてもアカデミ ックな研究に依拠するものから、スピリチュアリズムやナショナリズム、陰謀論に至るま で散開している。その後景には、社会運動というよりはサブカルチャーとしての精神世界 やニューエイジ、レゲエ文化の展開があり、こうした音楽や文化と大麻自由化運動はクロ スオーバーしながら進展してきた。本稿では、90 年代以後の日本における状況を整理する ためにまず前史を概観した後に、諸グループがどのようにして活動と主張を行ってきたの かを捉え、社会状況に対するそれぞれの抵抗のあり方について論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (20 users, 21 posts, 43 favorites)

大麻の自由化運動には、医療目的での合法化や産業利用の自由化を目指すものだけでなく、「被害者なき犯罪」である大麻の個人使用に対して懲役刑は重過ぎると考え、「自由と刑罰」をめぐる政治的な人権問題として、非合理的な規制に反対しているグループもあるらしい。 https://t.co/MtgRV3Zyvs
紫煙と社会運動 ――現代日本における大麻自由化運動―― 山本奈生 https://t.co/kgu09OBGjp
@asanoasa_ @michill0707 113渋谷は、文化の日なので、大麻文化についての主張をメインにしようと考えています。伝統文化以外にも、カウンターカルチャーを訴えようと思っています。 紫煙と社会運動 ――現代日本における大麻自由化運動―― https://t.co/adCOp65ntn
紫煙と社会運動 ――現代日本における大麻自由化運動――山本奈生 https://t.co/adCOp65ntn
これから読む、めっちゃ面白そう J-STAGE Articles - 紫煙と社会運動――現代日本における大麻自由化運動―― https://t.co/GrzsOKmUtU
この論文が目的ではなかったが気になって読んだら面白かった。山本奈生さんの論文。 「日本における大麻自由化運動は全般自由化、医療、産業などの主張分野と、複数の世界観・ライフスタイルがクロスオーバーする地点に形成され、現在まで持続してきた」とのこと。 https://t.co/W3e42LDWf0
日本の大麻自由化運動の研究。 J-STAGE Articles - 紫煙と社会運動 https://t.co/L4nX0bYI6A
PDFあり。「本稿は現代日本における大麻自由化運動を、特に90 年代以後の展開に注目しながら整理するものである。」 ⇒山本奈生 「紫煙と社会運動 現代日本における大麻自由化運動」 『年報カルチュラル・スタディーズ』6巻(2018年) https://t.co/dOwUnZ96Gq

収集済み URL リスト