著者
池上 知子
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学年報 (ISSN:04529650)
巻号頁・発行日
vol.53, pp.133-146, 2014 (Released:2014-12-24)
参考文献数
75
被引用文献数
2 or 0

社会から差別をなくそうという長年の取り組みにもかかわらず, 現代においても依然として差別に苦しむ人たちは存在する。本稿では, この問題にかかわる社会心理学の理論や研究パラダイムの変遷を追いながら, なぜ事態が改善しないのかを考察する。その一つの理由として, 差別的行動や偏見に基づく思考は, 人間が環境への適応のために獲得した正常な心理機能に根ざしていること, その機能はわれわれの意識を超えた形で働くため, これを統制することがきわめて困難である点を指摘する。そして, それにもかかわらず, 社会心理学はそれらを意識的に制御することを推奨してきたことが, 問題をさらに複雑にする結果となっていることを議論する。最後に, 最近, われわれに楽観的見通しを与えてくれる新しい観点が登場してきたことに言及する。それらは, 伝統的接触仮説を発展させた研究と潜在認知の変容可能性を検討している研究の成果に基づいている。本稿では, これらの新しい方向性についても考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

6,8,9 などはサイコパスとも思えますが、 他はナルシズムです。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj/53/0/53_133/_pdf https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjesp/46/2/46_2_120/_pdf こう言ってはなんですが、 その人は最近そうなった ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[差別][偏見][研究] 差別・偏見といったところの研究の変遷がまとまっていてわかりやすい。

Twitter (34 users, 41 posts, 48 favorites)

https://t.co/8GXD0eoS9H これいいな
『質問紙による態度調査において 「障害者」 を 「障がい者」 とひらがな表記にすると,限定的ではあるがイメージの好転がみられたと報告している。 一見すると本質的でないかに見える工夫にも一考の余地があることを伺わせる。』 まじか…… https://t.co/dkx77rKFJG
『伝統的な性役割観に基づくジェンダー・ステレオタイプが,依然として社会に存在すること,また,伝統的なジェンダー・ステレオタイプは,自尊心が脅威に晒されたり,存在論的恐怖が顕現化すると活性化しやすくなることが示されている。』 https://t.co/dkx77rKFJG
『現代的人種差別主義は,人種間の平等を保障する必要性は十分認識しているが,(中略) 本人の努力の欠如に原因を求め,加えて,社会的弱者が過剰に自分たちの権利を要求し不当に優遇されているという主張を行う傾向を指す。』 https://t.co/dkx77rKFJG
差別・偏見研究の変遷と新たな展開 池上知子 https://t.co/hJKDLwfNxy
@I_love_alone @dabadatw @J_J_Kant @Janome_Narcot 「それほど外れてない、極めればどの道も同じ、慣れた概念で捉えれば良い」と、感じました。 「諸刃の権利論」って初耳ですがPDF135~… https://t.co/nEk39PCFOO
差別・偏見研究の変遷と新たな展開 ― 悲観論から楽観論へ ― 池上知子(大阪市立大学大学院)https://t.co/SczwrXKSIx
@chang__air 人間の習性、「本能」という表現は若干レトリックとして雑かもしれませんが、ふつうに研究されてきている話ですよ。このへん。https://t.co/SczwrXKSIx もうちょっと要約的なのだとこのあたり。https://t.co/BDNwP2p67p
メモ https://t.co/jbFeoxiAUS
差別・偏見研究の変遷と新たな展開 ― 悲観論から楽観論へ ― 池 上 知 子 (大阪市立大学大学院) https://t.co/rMCzf0AVTf 一般人が思うところの差別や偏見の要因は、だいたいアカデミックな世界における調査結果や認識と一致してるんだと思いました
.oO( https://t.co/uIIHMPJD4S とか https://t.co/qgH8a3Ke6o を補助線にしてみたけれど、人の行動はその当人には合理性がある前提で理解すべきなのかしら。 https://t.co/t7WMUcuWLb の最後に若干の間接的な希望。)
「差別・偏見研究の変遷と新たな展開—悲観論から楽観論へ」池上知子 2014 https://t.co/XlRGAYB34E
池上知子(2014). 差別・偏見研究の変遷と新たな展開 —悲観論から楽観論へ— 教育心理学年報, 53, 133-146. https://t.co/mrLlxyOLOv

収集済み URL リスト