著者
岡田 謙介
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学年報 (ISSN:04529650)
巻号頁・発行日
vol.54, pp.71-83, 2015 (Released:2015-08-25)
被引用数
1 or 0

測定の信頼性は,実証的研究のおよそすべてに関わる問題である。本稿ではまず,信頼性の観点から直近1年間の教育心理学研究を概観する。近年のわが国における心理学諸分野のレビューからも確認されたように,研究場面において最もよく利用される信頼性の指標としてCronbachのα係数がある。しかし,α係数とはどのような指標なのかについては,心理学者の間で必ずしも理解がされていなかったり,誤解がされていることも少なくない。そこで本稿では,α係数がどのように解釈できる指標なのか,またどのように解釈してはいけない指標なのかを論じる。具体的には,前者についてはα係数が (1) 可能なすべての折半法による信頼性の平均であること,(2) 信頼性の下界の一つであること,(3) 本質的タウ等価の条件のもとで信頼性と一致することを述べる。後者については,α係数が (1) 大きいことが一次元性(等質性)の根拠とはならないこと,(2) 内的一貫性の指標とされることが多いが近年批判も高まっていること,(3) 項目数など様々な要因に依存すること,(4) 信頼性の「下限」ではないことを述べる。最後に,α係数に代わる信頼性の推定法と今後の展望,そして信頼性を高めるような測定の重要性を述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (35 users, 36 posts, 77 favorites)

因子負荷量が高い項目間のα係数が低い理由は相変わらず良く分からないが,とりあえずα係数を因子の一次元性の指標としてみるのは難しいようだ。岡田 (2015). 教育心理学年報, 54, 71-83. https://t.co/9AkfqBcTAy
岡田謙介(2014). 心理学と心理測定における信頼性について —Cronbachのα係数とは何なのか,何でないのか— 教育心理学年報 54, 71-83. https://t.co/5FFGF4huEI
#financial #business #学び 心理学と心理測定における信頼性について: 測定の信頼性は,実証的研究のおよそすべてに関わる問題である。本稿ではまず,信頼性の観点から直近1年間の教育心理学研究を.. http://t.co/hUteMyWXDK
教心年報もすぐオンライン公開だったのですか。ちなみにこちらはCronbachのαについて。 https://t.co/XXKMZ4cHMr

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj/54/0/54_71/_article/-char/ja/ (34)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/arepj/54/0/54_71/_pdf (1)

https://www.j3.jstage.jst.go.jp/article/arepj/54/0/54_71/_article/-char/ja/ (1)