著者
丹野 義彦
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学年報 (ISSN:04529650)
巻号頁・発行日
vol.40, pp.157-168, 2001-03-30 (Released:2012-12-11)
参考文献数
44
被引用文献数
1

日本の臨床心理学は心理療法やカウンセリングの成果について量的なデータを持っていない。これはつクライエントの心理的症状について量的な記述をほとんどおこなわないためである。こうした点を克服するために, 科学者-実践家モデル (Scientist-Practitioner Model) の視点からいくつかの提案をした。第1に, 心理療法の成果について実証にもとつくアプローチを提案した。実証にもとつく臨床心理学の良いモデルとしては, アメリカ心理学会の心理的治療のガイドラインや, 実証にもとつく医学をあげることができる。実証にもとつく臨床心理学は, 臨床心理学とその関連領域が共同研究をおこなうための基本的なフレームワークとして機能しうる。第2に, 分類, 実施手順, テストバッテリの視点から心理アセスメントのスキーマを提案した。心理アセスメントを実施する際には, 受理面接・詳しいアセスメント・事例の定式化・治療仮説の形成・治療効果のポストアセスメントを含むべきである。第3に, 異常心理学を確立させることを提案した。異常心理学は臨床心理学とアカデミックな心理学のインターフェースとして機能する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 5 posts, 4 favorites)

「実証にもとづく臨床心理学に向けて」(丹野義彦) https://t.co/i0hAPoi4ke 日本の臨床心理学に対する批判的考察と今後の展望。
臨床心理学が科学に裏づけられなければ,宗教や呪術との違いが不明確になってしまうだろうし,臨床心理士を大学院で養成することの意義も不明確になってしまうであろう。 https://t.co/v2427lKuAN 実証にもとづく臨床心理学に向けて 丹野 義彦
http://t.co/qlHvhdYsgs 英国と日本それぞれの臨床心理学、精神療法、カウンセリングの図(下山晴彦) https://t.co/v2427lKuAN イギリスの臨床心理学の図と臨床心理関係のプロフェショナルの職種と訓練(丹野義彦)
実証にもとづく臨床心理学に向けて 丹野 義彦 教育心理学年報 Vol. 40 (2001) p. 157-168 https://t.co/v2427mBhYZ 英国の臨床心理学、心理療法、カウンセラーの違いと米国の臨床心理学とカウンセラーの養成の違い

収集済み URL リスト