著者
鈴木 慎太郎 中村 陽一 西岡 清 足立 満
出版者
一般社団法人 日本アレルギー学会
雑誌
アレルギー (ISSN:00214884)
巻号頁・発行日
vol.56, no.6, pp.593-597, 2007-06-30 (Released:2017-02-10)
参考文献数
12

症例は30歳の男性.アワビの貝殻に盛られた魚の刺身を食べた直後にアナフィラキシーショックを認めた.以前にもアナフィラキシーショックの既往があり,いずれも海産物を摂取した後に発症していた. CAP-FEIAでホタテと牡蟻で陽性を示し,貝類をアレルゲンとして疑った.そこで市販のアレルゲンエキスによる皮膚試験に加え,種々の貝類を用いたprick by prick testを施行した.その結果アワビのみで陽性を示し,貝殻に残っていたアワビの成分が付着した刺身の摂取が今回のアナフィラキシーショックの原因であると考えた.臨床検査に項目がない,あるいは皮膚試験用エキスが国内で販売されていない食材がアレルゲンとして疑わしい場合や,事情により負荷試験ができない場合にprick by prick testは外来診療で実施可能かつ有用な検査方法と考える.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 1 favorites)

@JohnLei13702212 @usotsukibakari @khaddar88 でも、食後に運動をしてなくても、アワビのアナフィラキシーショックを発症するケースもあるようです。 取り敢えず、アワビ、或いはアワビの貝殻に盛られたイカ等の刺し身の摂取とアルコール摂取にも気をつける。 あと、貝類を食べた後の運動は控えた方が良いかも知れません。 https://t.co/mBxgRKWoHo

収集済み URL リスト