著者
平本 嘉助
出版者
The Anthropological Society of Nippon
雑誌
人類學雜誌 (ISSN:00035505)
巻号頁・発行日
vol.80, no.3, pp.221-236, 1972 (Released:2008-02-26)
参考文献数
36
被引用文献数
16 16

関東地方の縄文時代より近代初期まで,各時代人の平均身長を推定し,これに既発表の現代人の生体計測による資料を加えて縄文時代より現代までの身長の時代変化を検討した.繩文時代より近代初期(明治維新より1900年まで)までの各時代人の推定身長は大腿骨をもちいた身長推定式によって算出した.推定式は藤井(1960)の報告による大腿骨最大長の身長推定式をもちいた.結果は男女ともに繩文時代人より古墳時代人が大きく,以降,鎌倉時代,室町時代,江戸時代,そして近代初期へと順次身長が低下してきたことが推測される。そして現代においては急激な身長の増加が生じている.また現代人の身長は古墳時代人よりも大きくなっている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 7 favorites)

@woody_honpo ちょっと古い論文ですが、こういう研究がありますね。 関東地方に限定した研究ですが、この論文によると古墳時代が1番高身長であり、その後1900年頃まで徐々に下がって以降、現代まで急激に右上がりになっていると。 現在の学説と比較したらどうなのかはわかりませんが… https://t.co/tHvtgTnTg9
日本人の身長、室町時代と江戸時代だとほぼ同じ、古墳時代の方が高いというのがあるなあ。 https://t.co/im7hMRiB4x ただ、武将と農民の身長差も大きいので甲冑で比較するとまた話が違うと思われる。
@Sir_Thomas_ 倭は「矮」の意味だと思っていたのですが、諸説あって、字義的には必ずしもそうではないようですね。人類学では、古墳時代が一番大きいという研究もあるようでhttps://t.co/ad5AIHkx28、どうも「小柄」と一概には言えないようです。ご指摘ありがとうございました。

収集済み URL リスト