著者
鈴木 隆雄 峰山 巌 三橋 公平
出版者
The Anthropological Society of Nippon
雑誌
人類學雜誌 (ISSN:00035505)
巻号頁・発行日
vol.92, no.2, pp.87-104, 1984-04-15 (Released:2008-02-26)
参考文献数
34
被引用文献数
3 4

北海道西南部の内浦湾に所在する入江貝塚から出土した,縄文時代後期に属する成人骨格の四肢骨に明らかな病理学的所見が認められたので報告する。この個体(入江9号人骨)は思春期後半に相当する年令段階にあると考えられるが,その四肢長骨は総て著しい横径成熟障害を示し,また長期の筋萎縮に続発したと考えられる骨の著明な廃用萎縮を呈していた。このような長骨の形態異常は長期に経過する筋麻痺を主体とした疾病の罹患によってもたらされるものと考えられるが,そのような疾患について,好発年令,発生頻度,麻痺分布,生命予后などの点から考察した。その結果,この入江9号人骨にみられた四肢骨病変の原疾患として急性灰白髄炎(急性脊髄前角炎,ポリオ,小児マヒ)が最も強く疑われた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (26 users, 26 posts, 25 favorites)

縄文時代後期ですら障碍者福祉の概念があったというのに 障碍者を侮辱して笑い者にしていい価値観なんてどの時代にもあるはずがない(あったとしても最下層の低俗で下卑た最低の価値観だろう) https://t.co/8feqZi104S https://t.co/2RAWfvoKs5 https://t.co/mqcuTHzU0j
*「心優しい縄文人を語る人骨が発見された。 ... 縄文人は小児マヒで寝たきりになった少女に食べ物を運び、命尽きる日まで看護し続けた 相模原に身障者施設を襲撃した容疑者は「障がい者は不幸しか生みださない」とナイフで刺殺した。 一体どちらが文明人だろう? https://t.co/PO53b088n1 https://t.co/GCm9aVB2Mj
縄文時代、小児マヒにかかったと思われる女性は、成人になるまで成長していた。科学が進歩し、はるかに物質的な豊かさを手に入れた私たちが、弱者保護で縄文人に劣るなら恥だと思わないと… J-STAGE Articles - 北海道入江貝塚出土人骨にみられた異常四肢骨の古病理学的研究 https://t.co/CRcBXOjRew
@kaiyuutouki 貝塚の先行研究、探してみたら予想外におもしろいのが出てきた……ちと古いけど、貝塚から出土した身体障害のある人骨への解剖学教室の論文→https://t.co/uomnICJ4j3
1 1 https://t.co/WwKfcJDXks
縄文時代の遺跡からポリオで障害を負ったと考えられる「成人」の遺体が発掘されてる、つまり障害を負った子供が成人になるまで一緒に暮らしてたわけで。 https://t.co/sJUV5zuqWi

収集済み URL リスト