著者
川久保 善智 澤田 純明 百々 幸雄
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (Japanese Series) (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
vol.117, no.2, pp.65-87, 2009 (Released:2009-12-25)
参考文献数
70
被引用文献数
3 3

南東北(宮城・福島・山形)由来の古墳時代人・古代人と北東北(青森・岩手・秋田)由来の江戸時代人の頭蓋について,計測的分析と形態小変異の分析を行い,これら東北地方の古人骨に,縄文人やアイヌの形態的特徴が,どの程度遺残しているかを調べた。比較資料として,東日本縄文人,北海道アイヌ,関東の古墳時代人と江戸時代人,それに北部九州の古墳時代人と江戸時代人の頭蓋を用いた。計測的分析では,顔面平坦度計測を含めた18項目の頭蓋計測値を用い,マハラノビスの距離(D2)にもとづいた分析と線形判別分析を試みた。頭蓋形態小変異については,観察者間誤差が少なく,日本列島集団の類別に有効であることが知られている6項目に絞って,スミスの距離(MMD)にもとづく分析を行った。D2でもMMDでも,縄文人に最も近いのは北海道アイヌであったが,東北地方の古墳時代人(計測的分析では古代人も含む)がこれに次いでおり,古墳時代でも江戸時代でも,九州→関東→東北→北海道アイヌまたは東日本縄文人という,明瞭な地理的勾配が観察された。同様の地理的勾配は,判別分析においても確かめられた。このような地理的勾配から判断すると,今回研究の対象にすることができなかった北東北の古墳時代人は,南東北の古墳時代人よりも,さらに縄文・アイヌ群に近接するであろうと推測された。もし彼らが古代の文献に出てくる蝦夷(エミシ)に相当する人々であったとしても,東北地方の古代日本人(和人)と縄文・アイヌ集団の身体的特徴の違いは連続的であったと思われるので,古代蝦夷がアイヌであるか日本人であるかという“蝦夷の人種論争”は,あまり意味がある議論とは思われなかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[アイヌ][北東北]

Twitter (12 users, 15 posts, 22 favorites)

いささかの揺るぎがないと思われる。》 ※『東北地方にアイヌの足跡を辿る:発掘人骨頭蓋の計測的・非計測的研究』(2009)より。 https://t.co/cNCLY0hRbc
この論文は面白いので、追って結論部分だけでも紹介していきます。 https://t.co/cNCLY0hRbc
例えば、これ。 「引用者」の日頃の主張に反して、北海道の擦文文化がアイヌ文化に移行したことも、北海道のアイヌが縄文人を母体として成立したことも肯定している。基本的に、この論文は埴原和郎の「二重構造モデル」を支持しているのである。 https://t.co/kgt9qiOYlX
川久保善智,澤田純明,百々幸雄「東北地方にアイヌの足跡を辿る:発掘人骨頭蓋の計測的・非計測的研究」online: https://t.co/62h7imXxo4
「かった」東北地方にアイヌの足跡を辿る: 発掘人骨頭蓋の計測的・非計測的研究 https://t.co/uWjNalsR3X とあるので、和人と人種的に近縁であるけれど言語的文化的に別れている北海道先住民族では? @wokokoroiyo

収集済み URL リスト