著者
溝口 優司
出版者
日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (Japanese Series) (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
vol.122, no.1, pp.29-50, 2014 (Released:2014-06-24)
参考文献数
57

2008年に富山市小竹貝塚から発見された縄文時代前期の女性頭蓋である小竹貝塚1号人骨と,東北,関東,東海,山陽地方の縄文時代中・後・晩期人集団,中国の安陽青銅器時代人集団,東南アジアの新石器―鉄器時代人集団,オーストラリアのCoobool Creek更新世後期人集団との類縁関係を,頭蓋計測値12,10,9,6項目に基づく典型性確率によって検討した。その結果,小竹貝塚1号人骨は,これらの集団の中では,東北地方の縄文時代中・後・晩期人女性集団に最も近いことが示された。他地方の縄文時代早・前期個体標本についても同様の分析を行なったところ,小竹貝塚1号人骨が似ていた東北地方縄文時代中・後・晩期人女性集団に最も類似しているのは北海道の北黄金K13個体であること,そして,この北黄金K13は東北地方の縄文時代中・後・晩期人よりも中国の安陽青銅器時代人や東南アジアの新石器―鉄器時代人にもっとよく似ていることが示された。このような事実に基づいて,縄文時代早・前期相当期におけるアジア人の移住・拡散過程について試行的な考察を行なった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

「小竹貝塚1号人骨と縄文時代中・後・晩期 近隣諸地域集団との関係 」 https://t.co/1nWrumJ26V "縄文時代以前に東南アジア新石器―鉄器時代人に似た人々がアジア大陸を北上して安陽青銅器時代人に似た人々になり,さ… https://t.co/2dorop146Z
富山県小竹貝塚(縄文前期)、北海道北黄金貝塚の縄文人はのっぺり顔で高身長だった? 骨形態解析で中国安陽青銅器時代人と類似と判明(2014) https://t.co/R8zcZllZG8

収集済み URL リスト