著者
永井 賀子 萩原 晃 河口 幸江 小川 恭生 服部 和弘 河野 淳 鈴木 衞
出版者
一般社団法人 日本聴覚医学会
雑誌
AUDIOLOGY JAPAN (ISSN:03038106)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.58-65, 2016-02-28 (Released:2016-08-31)
参考文献数
14
被引用文献数
2 1

要旨: 突発性難聴例の治療開始後の聴力改善経過と改善率について検討した。2009年1月から2013年12月までの5年間に東京医科大学病院耳鼻咽喉科を受診し, 入院加療を行った Grade3 または 4 であった突発性難聴121例, 121耳を対象とした。Grade3 は70例, Grade4 は51例であった。治療開始後7日以内に5周波数の平均聴力が 20dB 以上改善した例を早期改善群, 8日以上14日以内に改善した例を中期改善群, 14日以内に改善がみられない例を改善なし群に分類した。治癒率は早期改善群で68%, 改善なし群で8.2%であり, 早期改善群で有意に高い結果であった。早期改善群では聴力予後は良好で, 改善なし群では聴力予後が不良であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

参考文献貼り付けますが、正直のところ突発性難聴といっている間は原因は何もわからないのです。 ですから、耳を覗いたくらいでは得られる情報は鼓膜の状態と中耳炎の有無くらい。 聴力検査をして問診次第では精密検査をしてということにはなるのですが。。。。。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/audiology/53/1/53_1_46/_pdf ...

Twitter (6 users, 8 posts, 5 favorites)

@blayvas_3824 https://t.co/lOuynpJPGR 突発性難聴は早期治療でも回復率は60%代だからマジで身の危険だから急いだほうがいい
ERでしょうか。ありがとうございます。患者としては、遅れると治らないと言われるとすぐに行かねばと思うわけです。こんな 論文がありました。 https://t.co/LBvngR0cm9 https://t.co/JRoxVojgT9 https://t.co/BvgM5Q2S3o
突発性難聴。私の読んだ論文では、やはり治療開始は、早ければ早いほど治りやすいと読めると思います。治療が遅れる間にも音を認識する有毛細胞は抜けていくわけですから。https://t.co/LBvngR0cm9 https://t.co/JRoxVojgT9
突発性難聴における聴力改善経過と改善率に関する検討 https://t.co/uH83QF3jFr

収集済み URL リスト