著者
大島 美絵 小渕 千絵
出版者
一般社団法人 日本聴覚医学会
雑誌
AUDIOLOGY JAPAN (ISSN:03038106)
巻号頁・発行日
vol.61, no.4, pp.254-261, 2018-08-30 (Released:2018-09-27)
参考文献数
12

要旨: 難聴乳幼児のコミュニケーションの基礎の形成や良好な発達のためには, 保護者, 中でも母親の役割が重要である。本研究では, 難聴乳幼児を育てる上での母親の育児ストレスの実態について調査, 分析し, 必要とされる早期教育支援について検討した。 母親の育児ストレスに関する8項目からなる独自の質問紙を作成し, 難聴乳幼児を育てる母親17名に記入してもらい, そのストレス得点, 及び年齢, 聴力程度, その他の要因から分析した。その結果, 精神的苦悩, 将来への不安が顕著に高く, 社会的孤立, 家族和合の欠如が顕著に低かった。またストレス得点と年齢, 聴力, KIDS 発達指数, 相談室での相談期間, 兄姉の有無からの比較では, 有意な関係はみられなかった。 これらの結果より, 難聴乳幼児を育てる母親の育児ストレスは, 様々な要因により出現している可能性があり, 明確な要因の抽出は困難であると推測された。このため, 早期教育支援においては, 対象児の個別性に配慮した支援の必要性があると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

収集済み URL リスト