著者
小幡 哲史 木下 博
出版者
バイオメカニズム学会
雑誌
バイオメカニズム (ISSN:13487116)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.37-47, 2014 (Released:2017-02-15)
参考文献数
9

3軸小型力覚センサーを指板に埋め込んだ実験用バイオリンを用いて, 熟練奏者と初心者を対象にビブラート音なしでの単音演奏とビブラート音演奏での指板力を計測した. また, 一部の熟練奏者ではそれに関わる左手の筋活動も同時に計測した. 熟練奏者の単音演奏では, 弦を押さえる瞬間に, 指板力の鋭い立ち上がりが見られ, 遅いテンポではその後力が減少した状態で保たれるが, 速いテンポではパルス波形のみが見られた. ピークの力は1, 2 [Hz] では4.5 [N] を超える程であったが, それより速いテンポでは力が減少した. 一方で, 手内および前腕の筋活動はテンポが速くなるにつれて増大した. 初心者は熟練者に比べ, テンポや指の違いに関わらず, 力発揮が弱かった. ビブラート音演奏では, 熟練者は弦を固定するために一定の垂直方向への力を加えた上で, 弦長を変化させるための長軸方向への力を加えていた. 本研究は, 実際の演奏における指板力の測定を実現し, 得られた指板力情報とテンポや指, ビブラート音や経験の差について, また関連する筋活動について議論した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 30 favorites)

♪指の筋肉だったのか 好きな音が出せないのは乾燥が原因だと思ってた 乾燥で滑るから こんな研究初めてみた 熟練者と初心者の指の押さえる力の違いの研究 #バイオリン https://t.co/GF855qWRjq
これすごそう。後で読む! https://t.co/dkKSJGHO6p
指板を叩くように弾くというの、リコーダーのタンギングに似ている不可欠な作業なのかなと思ってたけど、こんなふうに上級者と初心者の指板を押さえる力の変化で比較されると納得。 バイオリン演奏時の左手指板力の計測と解析 https://t.co/5mRjE7k8bK
インテリ(?)ギタリストの備蓄です。 本日のおすすめ論文はこちら! バイオリン演奏時の左手指板力の計測と解析 https://t.co/jJ9XkelIwm
熟練者と初心者では、左手を押さえる力の強さ自体違う、特に押さえ始め。vnqbotとしては、指の押さえているエリアの中での力の分布が気になる。| バイオリン演奏時の左手指板力の計測と解析 https://t.co/6p8SnWw48C

収集済み URL リスト