著者
室本 光貴 三上 修
出版者
特定非営利活動法人バードリサーチ
雑誌
Bird Research (ISSN:18801587)
巻号頁・発行日
vol.14, pp.S7-S11, 2018 (Released:2018-04-16)
参考文献数
14

ドバト Columba livia var. domestica は羽色に表現型多型が見られ,世界的に多くの研究が行なわれている.しかし日本では,ここ約40年ほど調査が行なわれていない.そこで本研究では,東京と大阪でドバトの羽色の割合を調査した.その結果,東京のドバトは灰二引と言われるタイプが少なかった.また東京については,過去の新聞記事の画像より,ドバトの羽色を年代ごとに解析すると,現代へ近づくにつれて灰二引が減っていることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

ドバトの羽色多型における地域差と新聞記事に見られる経年的変化 https://t.co/v21jyuPOsE
おもしろ オオシモフリエダシャクの工業暗化しか思い出せんかった こういう研究いいよね https://t.co/ZXaNWf6Baw
ドバトの羽色多型における地域差と新聞記事に見られる経年的変化 https://t.co/CslRw9iqXD

収集済み URL リスト