著者
新屋 良磨
出版者
一般社団法人 日本応用数理学会
雑誌
応用数理 (ISSN:24321982)
巻号頁・発行日
vol.31, no.4, pp.15-22, 2021-12-22 (Released:2022-03-31)
参考文献数
4

Formal language theory is the field of study of non-commutative objects so-called “languages” (sets of words). While many problems on languages are difficult to solve due to the non-commutativity, the situation could be drastically changed if we consider a commutative invariant of a language. This paper explains some commutative invariants of languages with concrete examples.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (56 users, 56 posts, 188 favorites)

昨年末に「応用数理」に投稿した解説論文 「形式言語理論:非可換と可換のあいだ」 が J-STAGE 上で読めるようになりました. 形式言語理論特有の難しさや面白さを説明させてもらいました. 「応用」を意識して自然言語っぽい話もいくつか話題に取り入れてみました. https://t.co/B4PKRNZb6p https://t.co/qc71Z2O43m
おや? J-STAGE Articles - 形式言語理論:非可換と可換のあいだ https://t.co/QWAuIgidtp

収集済み URL リスト