言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (17 users, 17 posts, 37 favorites)

@tokyoalert50100 >さらに空中で爆破なんかする技術が同時には。。。 技術はもちろんありましたよ。 広島も長崎のどちらもですが、原爆の信管はレーダー電波を地上に発して帰ってくるまでの時間から距離(高度)を得て、一定距離以下になれば爆発する仕組みでした。 https://t.co/xHfuTKW5H9
@tokyoalert50100 @den26c @yuri09244 Mk.1リトルボーイの重量は4.4tなのでB29で十分運べる。爆弾がリトルボーイとファットマンで形状が違うので懸吊装置の改修を要したが。 空中爆発は電波レーダーによる高度測定による。 https://t.co/3yOzMbdzpN 八木宇田レーダーの指向性に優れた特性を利用している。
という計算に依るものです。 驚くかもですが、 アメリカはその爆発威力には非常に興味がありましたが、放射能の影響に対しては、殆ど興味がなかった(または分からないので放っておいた)ようです。 そのために高い位置で爆発させた、ようです。 ご参考 https://t.co/T2eYGgIshW
@sousoubody 八木アンテナでしたか。 そういえば聞いた覚えはありました。 https://t.co/bxjiapWrF4
@benjyama @32type_m @yamazou15 @Azumi_Iris パラシュートが付いていたのは確かに観測機器(ラジオゾンデ)ですが、高度を計るための八木・宇田アンテナが付いていたのは原爆本体ですね(特定高度で起爆させるため)。 以下の記事の写真(原爆模型)でアンテナが見られます。 https://t.co/RvKiIwaeKO
1 1 https://t.co/A9Shs2TcMN https://t.co/8fE5PmdrPM
原爆に使われた高度計用アンテナ https://t.co/mSQnt2H9kF

収集済み URL リスト