著者
塚谷 裕一 池田 博
出版者
日本植物分類学会
雑誌
分類 (ISSN:13466852)
巻号頁・発行日
vol.5, no.2, pp.127-135, 2005-08-31 (Released:2017-03-25)
被引用文献数
1

植物分類学における分子系統学的解析が疑いなく重要となっている現在,すべての分類群を対象とした網羅的なDNAの収集がなされれば,系統分類学者にとって非常に有用なものになると考えられる.従来,遠隔地での植物DNAサンプルの採集法は,生の組織をシリカゲルで乾燥して持ち帰るというものであった.しかし,そのためには十分な量のシリカゲルを用意せねばならず,大量のサンプルを処理することは困難であった.最近,私たちはフィールド調査で植物のDNAを収集する際に, Whatman社製のFTA[○!R]カードを採用している. FTAカードにより収集されたDNAはPCR解析に向いており, DNA収集が容易で,しかもコンパクトであるという利点がある.ヒマラヤ植物研究会ではFTAカードを用いた植物DNAの収集を進めており,将来的にはこのDNAリソースを世界の研究者に提供することを目指している.具体的事例として,ロシアで行った収集について紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@Shou4_Cao3 @chiexxxxxx @kinokobitonet FTAカードもいけるという噂はきいてます。 https://t.co/GO8cDWD3xl
FTAカードを用いたフィールドでの植物DNA採集法(日本語論文、オープンアクセス)。2005年の論文です。 https://t.co/joV04oZnjg 植物標本とともにFTAカードを保管しておくと、どれくらいの期間DNAが保管されるんでしょうね?

収集済み URL リスト