著者
北條 正司 能勢 晶
出版者
公益社団法人 日本分析化学会
雑誌
分析化学 (ISSN:05251931)
巻号頁・発行日
vol.57, no.3, pp.171-181, 2008 (Released:2008-03-24)
参考文献数
43
被引用文献数
1

アルコール飲料中における水-エタノールの水素結合の特性は十分には解明されていない.本研究中では,水及びエタノールのOHの1H核磁気共鳴及びラマン分光データに基づき,水素結合構造性に及ぼす要因を研究した.酸類(H+及び解離していないHA)だけではなく,塩基類(OH-及び弱酸からの共役塩基A-)が水とエタノール間のプロトン交換を促進するとともに,水-エタノール混合媒体の水素結合構造性を強めていることが明らかになった.酒類(ウイスキー,日本酒,焼酎)中においても,溶存する化学成分によって,水素結合性が強められていることが実証された.酒類又はアルコール飲料中において,元々含まれていたか,又は後に獲得された成分である水素結合供与体及び受容体が水とエタノール分子間のプロトン交換速度を促進すると示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

そこまで質問したんだから、全部読んでくれ。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/57/3/57_3_171/_p... こんな書籍もあるそうだ。 http://www.korinbook.com/main/book/sake.html ナナメ読みだが、瓶詰めされた蒸留酒であっても、瓶の中で水とエタ ...

Twitter (1 users, 1 posts, 3 favorites)

https://t.co/qdHKemHmIb 樽熟によるアルコールの刺激感が薄れる原理を化学的に実証してる論文(2007年) ニッカウイスキーから樽(おそらく宮城峡)を提供して貰って、樽の種類と熟成年数ごとにフェノール溶出量を比較してて面白い

収集済み URL リスト