著者
津山 尚宏
出版者
公益社団法人 日本分析化学会
雑誌
分析化学 (ISSN:05251931)
巻号頁・発行日
vol.63, no.6, pp.445-453, 2014-06-05 (Released:2014-07-04)
参考文献数
28

目に見えない放射線による被ばくを定量的に評価することは,被ばく者への健康影響を予測し医療措置を正確にすすめ予後を評価する上で必須である.事故・災害による被ばくでは線量計などによる物理的線量計測を施行できないことも多く,事後に被ばく者の生体試料を用いて線量評価を行う「生物学的線量評価,biological dosimetry」が不可欠である.現在までに様々な線量評価法が開発されてきたが,正確性の観点からリンパ球の染色体異常頻度を測定する方法がgold standardとして頻用されている.本稿では,これに加え赤血球や歯,核酸,低分子代謝物などの様々な生体試料を用いた線量評価の試みを紹介し,有用性を議論する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (1 users, 1 posts)

同日、大阪北部地震M6弱が発生。 2010年に福島県、茨城県で震度1~4の地震が頻発していたのをテレビのテロップで漠然と不安を感じながら何回か見たのを思い出した。 東日本大震災発生前の2010年の時点で稼働していた東京電力福島第一原子力発電所1,2,3号機が停止していたらと、今でも悔やんでいます。 大量の多核種同位体が福島県を中心に汚染をし、現在も森林土壌、河川、地下水、畑、海洋は核種で汚染され ...

Twitter (5 users, 5 posts, 4 favorites)

放射線量を見える化する生物学的分析法  津山 尚宏 福島県立医科大学医学部放射線生命科学講座 https://t.co/21CqIUcpEX

収集済み URL リスト