言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[論文][英語] Quiteとconsiderably の違いは、後者は何かと比べる時に使う

Twitter (30 users, 37 posts, 78 favorites)

レゲット博士は日本での勤務経験もあり、科学英語論文の書き方に関する記事も残している。 Anthony J. LEGGETT "Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists" (1966) https://t.co/JHtv1CqQC4 日本語的な英語は逆戻りの「脇道」が多く、主張が良く分からない、とのこと。。。
これ読む(n回目の宣言) “Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists” Anthony J. Leggett https://t.co/Y4QHFSDX8F
A. J. Leggett Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists https://t.co/WjPcXn7J4h
Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists https://t.co/Zotei5JQUR
この経験から、日本人物理学者向けの英論文の書き方に関する記事を書いたんですね https://t.co/5BTFPceRkk
※レゲット先生の件の記事,オープンアクセスになってたのでリンク貼っておきます(英文) Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists https://t.co/LMcTV8LbEk
"Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists" Anthony J. LEGGETT https://t.co/5BTFPceRkk
レゲット博士は日本での勤務経験もあり、科学英語論文の書き方に関する記事も残している。 Anthony J. LEGGETT "Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists" (1966) https://t.co/veMq4l24wR 日本語的な英語(A)は逆戻りの「脇道」が多く、主張が良く分からない。。。 https://t.co/H4QevvhLMj
@428sk1_guardian 全文は https://t.co/TomOKK3Rov で読めます。
@yoshi_y09 https://t.co/EKX4UCYUL0
Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists https://t.co/SUOmKI7Wu2 科学論文の”レゲットの樹”、元ネタはこれですか(。・ω・))フムフム
名作「理科系の作文技術」で取り上げられている A.J.レゲットの「Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists」 は、ここからDL可能。理科系の日本文を書くためにも参考になる。 https://t.co/ZiP35J4cM0
Anthony J. LEGGETT "Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists" (1966) https://t.co/veMq4l24wR レゲット博士(1938~、2003年ノーベル物理学賞受賞)による科学英語論文の書き方に関する記事。日本語的な英語(A)は逆戻りの「脇道」が多く、主張が良く分からない。。。 https://t.co/0p92wdc9i9

収集済み URL リスト