著者
石村 多門
出版者
一般社団法人 日本物理学会
雑誌
日本物理学会誌 (ISSN:00290181)
巻号頁・発行日
vol.54, no.8, pp.636-644, 1999-08-05 (Released:2008-04-14)

いわゆる「構造主義」の思想的核心として, 「構造的因果性」なる概念を取り出すことができよう. それは, フランスの哲学者アルチュセールが提起した, 全く新しい因果概念である. 「因果性」という言葉で, 我々がまず真っ先に思いつくのは, 時間的先後関係によって因果性を捉える「継起的因果性」の観念であろうし, 少数の人は, 全体が部分を規定するという「全体的因果性」を思い浮かべるかもしれない. しかし, そうした因果観念は「非科学的」なものにすぎず, これらの観念に依拠して思索を進めている限り, 科学的認識を構築することはできない, というのがアルチュセールの主張であった. 本稿では, こうした挑戦的な企図に立った「構造的因果性」概念の意義について, これまで余り論じられてこなかった視角から敷延することに努めたい.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

こういうのは文系でも物理をやる原動力になるから楽しい。/石村多門「構造的因果性と諸化学」https://t.co/0BL555dKr6
やや難解なところもあったけど物理学の相対性理論を引き合いにプラトンからアルチュセールまで哲学史を概観して最後にはラディカルフェミニズムの「個人的なことは政治的なこと」まで。読み応えあった。 構造的因果性と諸科学 https://t.co/i5dO0di9WA
1 1 https://t.co/Ycgp5RPo9S

収集済み URL リスト