著者
髙橋 昭
出版者
日本神経学会
雑誌
臨床神経学 (ISSN:0009918X)
巻号頁・発行日
vol.53, no.11, pp.926-929, 2013-11-01 (Released:2013-11-29)
参考文献数
10

日本の神経学はオランダの軍医Pompeから19世紀中期に長崎に導入された.その門下の司馬凌海は日本最初の神経治療薬を紹介した.その後,ドイツからBaelzが来日,その門弟らが1902年に「日本神經學會」を創設した.当時の日本は国民病の脚気が神経学研究の中心であった.しかし,神経学者は脚気の病因として感染説あるいは中毒説を掲げ,正鵠を射ることができなかった.Vitamin B1欠乏が確立されると神経学の研究は下火となった.神経学の講座の独立が遅れたこと,講座制のため神経学が正しく継承されなかったこと,神経症候学,神経診断学などの教育が不十分であったことなどから,戦前日本の神経学は一時低迷した.診断学が充実され,神経内科講座が独立し,神経内科学が隆盛したのは戦後になってからである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

髙橋 昭:戦前日本の神経学 https://t.co/8QnIh2Nm2r 高木兼寛の脚気の疫学的研究がとりあげられている。その中で、"脚気の病因を誤り明治後半以降活力が低下した日本神経学"。脚気の細菌説を支持し、森鴎外も"栄養障害説"に反対の立場を固執した。日本神経学沈滞の道。

収集済み URL リスト