著者
高下 純平 林田 翔太郎 今木 裕幸 光尾 邦彦
出版者
日本神経学会
雑誌
臨床神経学 (ISSN:0009918X)
巻号頁・発行日
vol.55, no.4, pp.248-253, 2015 (Released:2015-04-22)
参考文献数
17

症例は53歳女性.2013年8月下旬にマダニ咬傷を受傷.同年10月中旬から40°C台の発熱が出現し,下旬より,左眼中心視野障害,左末梢性顔面神経麻痺をみとめ,当科入院.入院時神経学的所見で,左末梢性顔面神経麻痺,左眼中心暗点,左上下肢失調,体幹失調をみとめた.血液検査で炎症反応と髄液検査で軽度の細胞数増多をみとめた.頭部MRIは異常なく,眼底所見にて左視神経乳頭炎が示唆された.抗菌薬,ステロイドパルス療法で加療し,後日血清抗ボレリアIgG抗体陽性が判明し,神経ボレリア症と診断した.原因不明の視神経乳頭炎において,顔面神経麻痺などの神経合併症を有するばあいには,神経ボレリア症を考慮する必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 4 favorites)

#ライム病 #視神経乳頭炎 を呈した #神経ボレリア症 の 1 例 抗菌薬, ステロイドパルス療法で加療し, 後日 #血清抗ボレリアIgG抗体 陽性が判明し, 神経ボレリア症 原因不明の #視神経乳頭炎 #顔面神経麻痺 等の神経… https://t.co/rE2GuilzgV
#ライム病 #視神経乳頭炎 を呈した #神経ボレリア症 の 1 例 入院時神経学的所見で,左末梢性 #顔面神経麻痺, 左眼 #中心暗点, 左 #上下肢失調, #体幹失調 . 血液検査で炎症反応と髄液検査で軽度の細胞数増多. 頭部… https://t.co/wOmfMwUcBU
#ライム病 #視神経乳頭炎 を呈した #神経ボレリア症 の 1 例 国立病院機構別府医療センター 高下純平先生 林田翔太郎先生 今木裕幸先生 光尾邦彦先生 女性.8月下旬 #マダニ 咬傷を受傷. 10 月中旬40 C 台の発熱,… https://t.co/0ixGut2vss

収集済み URL リスト