著者
久留 聡
出版者
日本神経学会
雑誌
臨床神経学 (ISSN:0009918X)
巻号頁・発行日
vol.61, no.2, pp.109-114, 2021 (Released:2021-02-23)
参考文献数
39

スモン(subacute myelo-optico-neuropathy)は,1960年代に多発した中毒性神経疾患である.腹部症状が先行し,下肢末端から上行する異常知覚・感覚障害,痙性麻痺,視力障害をきたす.当初は原因として感染が疑われたが,緑尿分析からキノホルム説が浮上し,疫学調査・動物実験により確認された.日本最大の薬害となった背景には,外用薬の内服薬への転用,安全神話,杜撰な投与量規制,国民皆保険制度による投与量増加,腹部症状の複雑性など多くの要因が存する.現在も恒久対策として患者検診が継続して実施されている.今後はキノホルム神経毒性機序や感受性の研究,薬害スモンの風化防止が重要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 4 favorites)

J-STAGE Articles - スモン原因解明から50年 https://t.co/2jvv0wMgdk
日本最大の薬害となった背景には外用薬の内服薬への転用,安全神話,杜撰な投与量規制,国民皆保険制度による投与量増加,腹部症状の複雑性など多くの要因。恒久対策として患者検診が継続して実施。キノホルム神経毒性機序や感受性の研究,薬害スモンの風化防止が重要。 https://t.co/hAug8ZCZSM
@salome8326 いずれ、そうなるでしょうね。 当時はウイルス説まであり差別により多数の自殺まで出し 原因が解明されるまで20年位かかったようですから。 参考に 分かりやすい動画 https://t.co/lqfytkw87X 詳しい文書 https://t.co/V1GTHPlbSi
https://t.co/dbpXJbI9U8
「スモン原因解明から50年」での重要な要因 1.外用薬として開発された薬の内服薬へ転用 2.適応拡大,投与量,使用方法の規制緩和 3.キノホルム安全神話 4.国民皆保険制度の開始 5.スモンの腹部症状に対するキノホルム投与(悪循環説) https://t.co/B5KlQ6TOqG

収集済み URL リスト