著者
大北 葉子
出版者
日本認知心理学会
巻号頁・発行日
pp.13, 2016 (Released:2016-10-17)

非漢字圏日本語学習者を対象に漢字正誤判断試験時の眼球運動、正答率、反応時間、空書行動の有無の関係を調べた。漢字一字ずつがパソコンモニターに表示され、被験者が正誤判断するまで刺激漢字はモニター上に表示された。刺激は、曖昧漢字、偽漢字、ハングル文字、部首倒置漢字、真漢字の5種類だった。曖昧漢字は日本語学習者の書き間違いを基にしていて、図形的にわずかな誤りのある字形である。偽漢字は部首と旁の組み合わせが存在しないもので、部首倒置漢字は部首と旁の位置を反転させている。ハングル文字と真漢字以外の正答率は個人差が大きかった。偽漢字と部首倒置漢字の回答率不良者は注視点数が少なく、眼球移動距離が短い、反応時間が短く、刺激間での注視点数、眼球移動距離、反応時間にあまり差がなく、空書がなかった。成績不良者は字形分析が不十分である可能性がある。空書は字形知識の内在化の指標になると考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

【Research papers】 Eye movement and air writing during errant judgement of Kanji shape by learners of Japanese from… https://t.co/tyM5fH94rm
【Research papers】 Eye movement and air writing during errant judgement of Kanji shape by learners of Japanese from… https://t.co/ff5aac80yu
【Research papers】 Eye movement and air writing during errant judgement of Kanji shape by learners of Japanese from… https://t.co/pUpHW6YiIG

収集済み URL リスト