著者
高尾 善卿 渋井 孝志 斉藤 悟志
出版者
公益社団法人 日本コンクリート工学会
雑誌
コンクリート工学 (ISSN:03871061)
巻号頁・発行日
vol.27, no.6, pp.38-46, 1989-06-01 (Released:2013-04-26)

開発中のH-IIロケット用のLE-7エンジン燃焼試験設備が, 種子島宇宙センターに完成した。この設備のうち, テストスタンド基礎, フレームデフレクターおよびスピルウェイ (煙道) は, 燃焼試験時の排ガスを受け止めて空中に発散させる役目をもつ。これらの設備はピット形状をした地下構造物であり, 設計荷重としては, 通常作用する土圧や積載荷重のほか, 特殊なものとして, 燃焼テスト時の振動をともなう推力, 音響振動, 温度等を考慮した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (50 users, 52 posts, 49 favorites)

「わが国の宇宙開発が発展し、H-IIロケットの後続ロケッ トが開発されることになると、新たなエンジン燃焼試験設備が必要となる。その場合はエンジンが大型化することが予想されるので、エンジン燃焼試験設備も大型化するであろう。」 https://t.co/wBfAstKYp6
ロケットエンジン燃焼試験設備土木工事の設計・施工 工事記録 コンクリート工学 https://t.co/n7ID4QZdfe

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/27/6/27_38/_article/references/-char/ja/ (47)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/coj1975/27/6/27_38/_pdf (4)