著者
石橋 忠良 古谷 時春 細川 泰明 山内 俊幸
出版者
公益社団法人 日本コンクリート工学会
雑誌
コンクリート工学 (ISSN:03871061)
巻号頁・発行日
vol.32, no.12, pp.41-52, 1994-12-01 (Released:2013-04-26)
参考文献数
4

東京駅では長野オリンピック開催に合わせて, 北陸新幹線乗り入れ工事を進めている。これに伴い, 必要なスペースを確保するため, 中央線を上層へ上げる工事を行っている。この工事の高架橋は, 東京の玄関口にふさわしく, 丸の内オフィス街と調和のとれた, そして人に優しい構造物を目指した景観設計を行った。この中ではRC構造とPRC構造縦ばりを組み合わせたラーメン高架橋と, これに鋼構造の縦ばりも加えたラーメン高架橋を採用した。さらに経済的な高流動コンクリート, 高密度配筋コンクリート柱の耐震性能確保, コンクリートの表面仕上げ, プレキャスト部材の採用等の技術開発を行い, その成果を採り入れている。ここでは, この工事の景観設計, 構造設計, 施工について報告する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 2 favorites)

@X103hakodate 中央線東京駅のケースではどうしたかと言えば、東北縦貫線のようなケースじゃ無いと作り直しなようで・・・。 https://t.co/S6nGQ8HXAF … https://t.co/gGccKOddTX …
@emesh 中央線に関しては論文見つけてきましたけど、呉服橋〜常盤橋間は京浜東北線含めて作り直し。 https://t.co/cMGs1AkZO8 駅部もホーム貫通して柱建ててる以外は新設構造物のようで。 https://t.co/lxJHrIFHmu
景観を考慮した中央線重層化工事の設計・施工 https://t.co/hTdylEJQl3 「総武線交差部分は杭が打ち込めないのでトンネル状面に地盤改良をしたうえで直接基礎とした」

収集済み URL リスト