言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 0 favorites)

大気圧条件下の水の沸点は、条件によって300℃まで上がる 沸騰(=液体内部からの気化)のプロセスは 泡ができる→泡に気化したい分子が参加→泡が成長して沸騰 なのだけれども、この泡を作るのに必要な温度が300℃! 75へぇくらい! https://t.co/p50SJFux7m
今日の論文。タイトルがかわいい。内容は気相の核生成を突っ込んで考えてて、面白かった。表面が完全に平滑なビーカーだと300℃で沸騰するとか。 『お湯が沸くしくみ』日本調理科学会誌 Vol. 47 (2014) No. 3 p. 187 https://t.co/9bYV7hjk6c

収集済み URL リスト