著者
長田 早苗 青柳 康夫
出版者
一般社団法人 日本調理科学会
雑誌
日本調理科学会誌 (ISSN:13411535)
巻号頁・発行日
vol.49, no.1, pp.7-18, 2016 (Released:2016-03-01)
参考文献数
34

加熱処理が,アブラナ科野菜中のGSL含有量へ及ぼす影響を検討し,以下の結果を得た。1.クレソンおよびブロッコリーに含まれるGSLは,50~60℃で加熱した時に最も損失が大きかった。2.中心温度95℃まで加熱したブロッコリーには,脂肪族系GSLが約80%残存した。インドール系GSLの残存率は,GSL の種類によって約20~75%の幅があった。3.茄で後のブロッコリーに含まれるGSLは,脂肪族系およびインドール系ともに,茄で時間が長いほど減少した。茄で水中には一定量しか残存せず,脂肪族系では約7%,インドール系では約18~20%であった。4.茄で水量の違いによるブロッコリーのGSL残存率については,ほとんど差異が認められなかった。5.中心温度95℃まで蒸し加熱,過熱水蒸気による加熱,真空調理を行った結果,GSLの損失は見られなかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 7 posts, 10 favorites)

令和最初の夏までに理想のカラダを手に入れようプロジェクト。 フォロワーの方からこんなDMをいただきましたー! ありがとうございますー! 参考になりますー!!! https://t.co/kUexXnxgUe https://t.co/UXB5wRxdVD
大根のグルコシノレートの過熱による含有量の変化 https://t.co/SxdrefIUIz ・40度以下はほぼ低下せず ・50~60度で最低 ・70度以上は低下はするが抑えられる

収集済み URL リスト