著者
清宮 啓之
出版者
日本DDS学会
雑誌
Drug Delivery System (ISSN:09135006)
巻号頁・発行日
vol.21, no.1, pp.24-31, 2006 (Released:2006-08-18)
参考文献数
25
被引用文献数
1 or 0

染色体末端におけるテロメアの短縮は, DNA損傷応答を惹起して細胞老化を誘導することから, 発がん予防の一翼を担うと考えられている. がん細胞の無限増殖性はテロメラーゼによるテロメア長の維持に依存しているため, テロメラーゼ阻害剤は新たながん分子標的治療薬となりうる. テロメラーゼのテロメア会合を促進すると考えられるタンキラーゼ1もまた, 有望なテロメア分子標的である. テロメラーゼ阻害剤の制がん効果はテロメアの短縮に依存すると考えられてきたが, 最近ではテロメア非依存的な作用メカニズムの存在も示唆されている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

テロメアの維持機構をターゲットとしたがん治療っていう特集を読んでみた http://t.co/aJSyt4S2

Wikipedia (2 pages, 5 posts, 2 contributors)

編集者: Watcher0911
2014-05-29 16:50:58 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 119.171.132.79
2014-07-31 16:18:14 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 119.171.132.79
2009-12-20 14:28:50 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Watcher0911
2009-12-20 14:26:17 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト