著者
和田 和洋 森下 竜一
出版者
日本DDS学会
雑誌
Drug Delivery System (ISSN:09135006)
巻号頁・発行日
vol.25, no.6, pp.579-589, 2010 (Released:2011-02-25)
参考文献数
37

近年,核酸医薬品が次世代の分子標的薬として注目され,様々な疾患の分子レベルでの機構解明を目的とした研究に基づき,その有効性が検証され臨床応用への期待が高まっている.DDSを適用し,目的とする臓器・組織へ送達,標的分子に作用させることにより,治療できる対象疾患が拡大されうるが,核酸医薬品の開発には,安全性および品質の確保という観点で,低分子化学合成品にはない留意点があり克服しなければならない.本稿では,NFκBデコイオリゴヌクレオチドの開発を中心に,核酸医薬品の開発上の課題とDDS技術適用の試みを紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[4563 アンジェスMG][NF-κB デコイオリゴ]

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

アンジェスmgは、よくこの微妙な結果で第三相に突っ込んだなあ。研究をよく知らないやつが決定したか、後戻りが許されなかったか。https://t.co/RiS53v3dCX

収集済み URL リスト